読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷物取りに行きました

彼んちから、荷物を全部出した。やっと。

日曜日だったけど、彼は仕事だかなんだか知らないけど、居ないってことで、全部1人で。

それまでのやりとり↓

彼「お疲れ様です。日曜日は何時くらいにに予定していますか?」

私「お疲れ様です。朝8時くらいです。考えまして、荷物の量がそんなにあるのかなって思ったから、自力で2~3往復しますね。」(事前に赤帽を考えてるとメールいれてたので)

彼「思いの他、かなりあります。(紙袋の大×6位)
3〜4回分はあるかと思います。」

私「わかりました!頑張りますね。今まで場所を取ってしまって、図々しく本当にすみませんでした。これ以上迷惑かけないから、ご勘弁ください。。」

で、これで返信なしのまま当日。
時間かかりそうだから朝5時に起きて6時出発!

しかし電車に乗ってる途中、彼んちの鍵を忘れ、また自分ちへ。最悪。バリ用に買った大きなスーツケースを持ってたしさ。

で、8時近くにやっと彼んち着いて、まぁどっさりと玄関あたりに私の荷物が。

この量を、1人やることに同意する神経が知れない。
涙流しながらスーツケースに詰めた。

少しだけ、足を踏み入れてみた。
相変わらずキレイにしてる彼の部屋。

なぜか私が渡した手紙の数々を見えるケースに入れてある。
バレンタインにあげたプレゼントが飾ってある。
なんでこんなことするの?

ただ2人のアルバムと最後に送った手紙はどこにもない。私の荷物にも入ってない。捨てたのかな。

でも、私の荷物、すべて出されていた。

スーツケースが大きく、また私が力持ちのため、ボストンバッグも一緒に運び、二回の往復で済んだ。月曜日の今日、筋肉痛、最悪だよ。

タクシーなしで!!我ながら、頑張り過ぎ。

荷物運んでる途中、彼からメール。
彼↓
「鍵はポストにでも、入れておいてください。
今日は、お手伝い出来ずにすみません。」
「15時位に帰りますが、終わっていますか?」

だって。
3、4往復してたらそんな時間ムリでしょ。ふざけんなだし。
まぁ、二回で済んだから間に合ったけどさ。

こう返信した。
私「鍵の件、わかりました。15時までに終わらせるから、安心してください。終わったらお知らせしますね。」


最後に、バリ旅行のパラセーリングした時の顔も分からない位遠くに飛んでいる写真の裏に、メッセージ書いて、手紙とお金と合い鍵を添えて、彼のテーブルに置いておいた。
「○○の気持ちがわからない。○○がどうしたいのかわからない。…(中略)…今までありがとう。」って。


すべて荷物出したら、彼にメールした。
私「終わりました!今日会えなくて良かったと思う。目の前にいたら「ずっと一緒にいたいー」って抱きついて離れられなかったかも(笑) じゃあね。」


本当に本当に、彼んちから私の荷物が、ゼロになった。



→次回へ続く。