読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気持ちの整理整頓

考えを整理するために、気持ちを発散するために、この場をかりて、記します。


彼に直接話すか、お手紙を書くか、電話で言うか、そもそも伝えるのか、まだ決めていません。


自分が何を考えているのか、どうしたいのか、考えています。


もし通りがけでこの記事を見た方は、匿名でいいですし、何か批判でもアドバイスでもいいのでお言葉を頂けたら嬉しいです。

                                                                                                            • -


彼へ書いたお手紙(仮)↓



自分のために、仲間のために、家族のために、いつもがんばってる○○は、素敵だと思うし、大好きでした。

この数ヶ月、私の入る隙間はないってよくわかった。

とことん話もそらされて、会えないってこと、よく伝わったよ。

相談したいことも、話せない。

一緒に考えていくこと、一緒に乗り越えていくことなんて、ムリだよね。

○○の言葉、真に受けちゃっていました。
口だけの人じゃないと信じてた。

甘えてました。

夢のように幸せな気持ちになれた時もあったよ。
やっぱり夢でした。

現実に戻って、自分に厳しく、頑張るね。


○○も身体に気をつけて、生きていってね。

短い間だったけど、ありがとう。


さようなら。

                                                                                                            • -

少し、早まり過ぎているかな。。。



全然会えず、私がいついつ会おうよ、とメールしてもその部分はスルーされて、


回りくどく断られます。


例えば先の予定を話題に出して、「○○に備えて休んでね」とか。


前は「気持ちとかって、言わなくても伝わるとかいうけど、俺はちゃんと口に出して、行動して、ちゃんと伝えるからね」とか


「○○ちゃんは、特別だからね。いつでも来ていいんだよ。」

「俺だって毎日会いたいよ」

「今世も来世もずっと一緒だよ」

とか甘い言葉を投げかけてくれたな…笑っちゃうね。




つまり、彼にとって私は、「特別」じゃなくなったんだね。