読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも私は二の次

金曜日も、朝から胃痛がきつかった。


でも木曜日は有休もらったから休むわけにはいかない。


辛い。朝ごはんは食べられない。


砂糖汁のようなショウガ湯でエネルギー補給。


会社にも持っていった。


先輩にも言いづらいから痛くないふり頑張った。


痛すぎてお腹かかえたい時は腰を低くしてごまかし。


同期や先輩に「姿勢ちょー悪いよー」って言われて、私の体調には気にもせず。


会社のおばちゃんには話せて、「病院いきな」と言ってくれた。


夜は会社の人と飲み会。ありえない。


前から決まっていた誕生日会だから休むわけにはいかない。


ビールも一杯飲みきれない私なのに、みんなそんなことは眼中なし。


私ってどんだけいなくていい存在なんだろう。


胃がいたい。食べ物もよく噛んで、少しずつ少しずつ食べた。


なのに。。。


私より5歳も年下の女子2人は終電で逃げるように帰って、帰りたかったのに帰られなかった。


長老と所帯持ちの男性2人、子持ちの先輩女子1人、私の5人で二次会。


私が乾杯のビールを一口しか飲んでないのに、本当に体調悪いのって、言わなきゃ気づかれないんだね。


ずっと、きつかった。


そして、なんで私はこんなに身体を酷使しないといけないの、

神様、これは何かの罰ですか。


タクシー代も出るわけでもなく、3時に寝て、午前中は病院行く予定が台無し。


お昼はおじさまとデートだから、手元の胃薬で延命するしかない。


最悪な二週間だな。