読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐れ縁かよ

やっと彼と別れることとなり、今日ついに一切の私の荷物が、彼んちから消えるハズだったのに、

赤帽の車が向かってる途中バッテリーが上がり、当日だから代車も見つからず、次の予定(バイトの講習)あったから、キャンセルになった。。。

なんでこう、タイミング悪いかな。

しかも昨日の夜、荷物整理に寄ったら、彼が泊まってけって。
メールでは帰ってくれ言うてたのに。

しかも…身体重ねた。。。痛かった(T-T)
なにこの展開。しかも首にキスマークつけられて、恥ずかしいし。


いつでも来てって。鍵も返さないでいいよ。って。

赤帽のキャンセル伝えたら、全然焦らないでいいよって。

なんだこれ。???

私は乗り気ではない雰囲気で、呆れながら頷いた。

私も私。こればかりは他の誰の責任でもなし、私の責任。

彼は身よりがいないようなもんだから、誰か必要なのは分かってる。

でも同情で私がそばにいる必要ではないよね。

だから私が彼に必要なら私の気分で寄らせてもらう。
ごはんに飢えてたり、お風呂入りたかったりね。

でもそれよりも優先したい誰かが現れたら、鍵を返してもらう。


とりあえず来週また赤帽予約したから、とにかく自分の荷物は自分ちに置く!


縛られずに自由になる!